熊本 阿蘇S様邸産業用太陽光電気工事②


 

毎日寒い日が続いてます汗

 

阿蘇郡S様邸産業用太陽光の電気工事に来ました。

 

阿蘇の現場作業は寒さが身にしみますねガ-ン

 

社長・田崎さん・上野さん・修平さん・岡本さん全員で作業を進めていきますガッツポーズ

 

★入線作業及びパワコン設置作業様子です

 

ケーブルを延ばす作業ですパー

 

 

ケーブルを束ねて搬入パー

 

 

入線準備ですパー

 

長い入線で大変ですが岡本さん頑張ってピカピカ

 

 

配電盤の方へも入線パー

 

 

片方からも引きますパー

 

 

パワコン架台加工作業ですパー

 

 

架台取付作業ですパー

 

 

架台に裏板を取付作業ですパー

 

 

配管作業ですパー

 

中かがみの姿勢での作業で大変ですが\(*⌒0⌒)♪

 

 

配管をスコップで埋めていく地道な作業で大変ですが修平さん頑張ってください汗

 

 

パワコン設置完了ですキラキラ 

 

 

パワコン接続作業ですパー

 

田崎さん、真剣な眼差しで作業を行っていきすピカピカ

 

 

★配電盤取付及び装柱作業様子です


埋設配管立ち上げ作業ですパー

 

 

電柱への金具取付ですパー

 

高所作業の為気を引き締めて行います汗社長も真剣な眼差しですキョロキョロ

 

 

盤内へ最終入線作業ですパー

 

 

引込み点の余長を合わせる作業ですパー

 

 

盤内結線作業ですパー

 

 

第一発電所配電盤組み上げ完了パー

 

 

 

第一発電所完成ですキラキラ 

 

 

寒い中((((;゚Д゚))))の作業本当にお疲れ様でした(_´Д`)ノ~~オツカレー

 

次回も作業様子をクローズアップしていきますね

 

 

 

★太陽光発電を使用した場合の節約量

発電量を石油削減効果に換算すると10kWの太陽光発電システムを導入した場合※1、年間の発電量は約1万
kWh。この発電量を石油に換算すると、18リットルのポリタンク126本分に相当
します※2。
年間で18リットルのポリタンク126本分に相当する石油を節約
発電量を二酸化炭素削減量に換算すると約1万kWhの発電量をCO2 削減量に換算すると※3、約3.5t-CO2 /年。
この削減量を森林面積に置き換えると※4、約1万㎡の森林がCO2 を吸収する量に
相当します。
年間で約3.5tの二酸化炭素を削減

 

●設置場所 東京、方位/真南、傾斜角/20度●日射量データ(平成10年3月)

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構

(財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」

●温度補正係数

3~5月および9~11月:15パーセント

6~8月:20パーセント

12~2月:10パーセント

●パワーコンディショナ損失/7.5パーセント

●その他の損失(受光面の汚れ・配線・回路損失)/5パーセント

 

※1 試算条件 SF150-K 67枚

※2 発電量1kWhあたり0.227リットルとして算出

※3 予想年間発電量(kWh)×0.334kg-CO2/kWh

※4 森林1ha当たりの年間のCO2吸収量0.974t-Cを用いて算出

 

  

産業用太陽光発電システムの設置・販売は是非

当社へお任せください音符オレンジ

 

 


㈱タキスタイル
熊本本社 
電話0964-27-5720
メールt.miyu@takistyle.jp
沖縄支店
電話098-988-9953
メールmatayoshi@takistyle.jp