熊本 小川町H様邸倉庫太陽光設置工事(o^-‘)b グッ!


本日も晴れでポカポカ日和晴れ絶好の太陽光発電日和ですね晴れ

 

さて本日2月25日は、昭和44年、日本発の駅売り専門の夕刊紙「夕刊フジ」が創刊された

 

日との事です。今では当たり前の夕刊紙・・・本

 

始まりは何にでもありますが、継続していまはこんなに当たり前になって行くのですねびっくり!!

 

タキスタイルの皆も頑張る事を継続し、当たり前に仕事を張り切って頑張りますガッツポーズ(-ω☆)キラーン

 

今回は小川町にありますH様邸の太陽光工事ですキラキラ 

 

大きな会社ですので土・日お休みの日に工事をさせて頂く箇所もあり、工期は3月いっぱいとなりますキラキラ 

 

屋根工事を社長と茂さんにてアンカーの設置に始まり、

 

 

コーキング

 

ルーフキャップを丁寧に設置していきます

 

 

ルーフボルトをし、

 

 

架台据付て行きますガッツポーズ

 

 

社長・田崎さんにて、電気配線工事を進めていきますガッツポーズ

 

パワーコンディショナ配線接続工事

 

 

 

ブレーカー配線工事

 

 

入線工事

 

 

 

上野君も、段取りに走り回ってましたガッツポーズ

 

3月いっぱいまで完了するように皆で力を合わせて頑張りますピカピカ

 

自然の太陽の力を大いに皆で活用しましょううさぎ

 

みんなで育てる 再生可能エネルギー 再生可能エネルギーの固定価格買取制度

 

晴れ太陽光発電システムの仕組み晴れ

太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を使って、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことをいいます。

太陽電池については、太陽電池式電卓などでもおなじみですが、それらと太陽光発電システムは一体なにが違うのでしょうか。

実は電気を作り出す仕組みはまったく同じです。

ただし、太陽光発電で生まれた電気を家庭で使うためには、さまざまな機器が必要になります。

太陽光発電システムの仕組みはシンプル

ご覧のように、太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器です(メーカーや製品によって若干違います)。

一見複雑に見えますが、構造としては単純です。

これで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになります。さらに、余った電力を売ったり、災害時(停電時)にも電気が使えます。

 

太陽を沢山浴びて、沢山発電しますように・・・電球おうち

 

 

㈱タキスタイル 
熊本本社:植原                                      沖縄支店:又吉
電話0964-27-5720                                  電話098-988-9953
メールuehara@takistyle.jp                                 メールmatayoshi@takistyle.jp
      お気軽にお電話お待ちしております電話