熊本 阿蘇市 T牧場様太陽光設置工事(-ω☆)キラーン


4月28日 久しぶりの 雨 雨 雨 模様・・・

 

1729年(享保14)年のこの日、現在のベトナムからの献上品として清の商人により初めて

 

日本に渡来した像が、中御門天皇の御前で披露され、その後江戸に運ばれ5月27日に

 

徳川吉宗の御覧に供された☆それ以降、本日は「像の日」と呼ばれています

 

当初、像を見た皆さんは巨体に衝撃を受けたでしょうね~キョロキョロ

 

像まではいきませんが、今回の現場では牛さんが応援してくれましたベー(*´σー`)エヘヘ

 

皆、頑張るんだモーガッツポーズ

 

 

事務所から2時間30分かけてレッツゴー車ぶーんです。大自然ですね~

 

 

今回は牛小屋に 49.8KW  2棟に設置していきますガッツポーズ

 

まずは、1棟目ひよこ

 

墨出しをし、アンカーを設置していきます。

 

 

縦・横に器具を設置していき、配線をし、固定していきますガッツポーズ

 

 

1棟 約2日で完成ピース(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

 

 

さあ、気を抜かず、社長を筆頭に皆で2棟目に移ります(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

 

同様に、墨出し、アンカーを設置していきますGOOD

 

さすがに、阿蘇の牧場・・・・小屋が大きいですね~~~キョロキョロ

 

 

さあ、次は2棟目のパネルをドンドン設置していきましょう~ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

ご用命御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さいうさぎ

 

自然の太陽の力を大いに皆で活用しましょううさぎ

 

みんなで育てる 再生可能エネルギー 再生可能エネルギーの固定価格買取制度

晴れ太陽光発電システムの仕組み晴れ

太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を使って、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことをいいます。

太陽電池については、太陽電池式電卓などでもおなじみですが、それらと太陽光発電システムは一体なにが違うのでしょうか。

実は電気を作り出す仕組みはまったく同じです。

ただし、太陽光発電で生まれた電気を家庭で使うためには、さまざまな機器が必要になります。

太陽光発電システムの仕組みはシンプル

ご覧のように、太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器です(メーカーや製品によって若干違います)。

一見複雑に見えますが、構造としては単純です。

これで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになります。さらに、余った電力を売ったり、災害時(停電時)にも電気が使えます。

太陽を沢山浴びて、沢山発電しますように・・・電球おうち

 

 

㈱タキスタイル 
熊本本社:植原                                     沖縄支店:又吉
電話0964-27-5720                                  電話098-988-9953
メールuehara@takistyle.jp                                 メールmatayoshi@takistyle.jp
      お気軽にお電話お待ちしております電話