熊本 八代市鏡町O様邸太陽光設置工事


5月26日は「東名高速道路全通記念日」サクラ

 

東京から神奈川・静岡を通り、愛知まで続く東名高速道路が1969年のこの日全通しました。

 

東日本大地震が起きた3年前、タキスタイルでは沖縄代表で、仮設工事に空調を備品工事でいきました。

 

その際帰り道に東名高速道路を利用したのを思い出しました車ぶーん

 

あれからまだ3年なのですね・・・・よつば

 

 

さて、今回は、社長と私の地元、八代市鏡町へ太陽光工事に行って来ましたよダッシュ

 

ご近所さんの鯉幟も元気に泳ぐ中、施工していきますv(≧∇≦)v

 

 

今回は2つの倉庫に太陽光パネルを取り付けますガッツポーズ

 

やはり農家さんの倉庫は大きいですねびっくり!

 

まずは、パワコンを取り付ける位置を確認し、

 

準備を行っていきます。

 

 

次に倉庫2階に接続箱を取り付ける準備をしていきますびっくり!!

 

 

倉庫から倉庫へと配線をつないでいきます

 

入線作業、ガッツポーズ力仕事です

 

 

倉庫1にパネルを取り付ける前の架台を設置して行きますガッツポーズ

 

社長の指揮の元、皆それぞれが持ち前の仕事を丁寧に確実にこなしていきますキラキラ 

 

 

やはり、5月後半ともなると、屋根上は暑いですね~晴れ

 

熱中症には十分気をつけて作業を行っていきますパンダ「(≧ロ≦)

 

ご用命御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さいうさぎ

 

自然の太陽の力を大いに皆で活用しましょううさぎ

 

みんなで育てる 再生可能エネルギー 再生可能エネルギーの固定価格買取制度

晴れ太陽光発電システムの仕組み晴れ

太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を使って、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことをいいます。

太陽電池については、太陽電池式電卓などでもおなじみですが、それらと太陽光発電システムは一体なにが違うのでしょうか。

実は電気を作り出す仕組みはまったく同じです。

ただし、太陽光発電で生まれた電気を家庭で使うためには、さまざまな機器が必要になります。

太陽光発電システムの仕組みはシンプル

ご覧のように、太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器です(メーカーや製品によって若干違います)。

一見複雑に見えますが、構造としては単純です。

これで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになります。さらに、余った電力を売ったり、災害時(停電時)にも電気が使えます。

太陽を沢山浴びて、沢山発電しますように・・・電球おうち

 

 

㈱タキスタイル 
熊本本社:植原                               沖縄支店:又吉
電話0964-27-5720                               電話098-988-9953
メールuehara@takistyle.jp                                 メールmatayoshi@takistyle.jp
      お気軽にお電話お待ちしております電話