熊本 氷川町T様邸野立て太陽光に伴う電気工事


6月2日 梅雨入りした熊本は雨

 

今日の11時に梅雨入りした模様・・・・傘 雨を楽しんで乗り越えて行きたいですねニコニコ

 

 

今日6月2日は横浜港開港記念日・長崎港記念日パンダ

 

1859年のこの日、日米修好通商条約(通称ハリス条約)により横浜港と長崎港が開港となりました。

 

安政の開港とも呼ばれていますが、実際は日本にとってとても不利な条約で、外国人居留置制度を始め

 

さまざまな問題がありましたが、現在では毎年最大なイベントが開かれています。

 

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 

 

素敵なHANABI大会を・・・ハート

 

 

先日に続いて野立て現場をパワコンに取り掛かりますガッツポーズ

 

太陽光が乗ってる架台が斜めなので、パワコンをつける為に真っ直ぐな架台を加工しながら

 

組み立てて行きます。

 

 

こちらの架台は錆が発生しないよう処理されてる為、加工後、

 

切り口を丁寧に専用スプレーにて処理しながら

 

 

組み立てて行きます。

 

 

社長がパワコンをしている間、同時進行で玉ちゃん太陽光パネルの配線をどんどん結線していきます。

 

 

架台を真っ直ぐ綺麗に設置後、パワコンを取り付けていき、配線処理を行います。

 

 

207枚の配線を工期内にて完了ガッツポーズ

 

最終工事を次回でアップしますパソコン

 

ご用命御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さいうさぎ

 

自然の太陽の力を大いに皆で活用しましょううさぎ

 

みんなで育てる 再生可能エネルギー 再生可能エネルギーの固定価格買取制度

晴れ太陽光発電システムの仕組み晴れ

太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を使って、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことをいいます。

太陽電池については、太陽電池式電卓などでもおなじみですが、それらと太陽光発電システムは一体なにが違うのでしょうか。

実は電気を作り出す仕組みはまったく同じです。

ただし、太陽光発電で生まれた電気を家庭で使うためには、さまざまな機器が必要になります。

太陽光発電システムの仕組みはシンプル

ご覧のように、太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器です(メーカーや製品によって若干違います)。

一見複雑に見えますが、構造としては単純です。

これで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになります。さらに、余った電力を売ったり、災害時(停電時)にも電気が使えます。

太陽を沢山浴びて、沢山発電しますように・・・電球おうち

 

 

㈱タキスタイル 
熊本本社:植原                               沖縄支店:又吉
電話0964-27-5720                               電話098-988-9953
メールuehara@takistyle.jp                                 メールmatayoshi@takistyle.jp
      お気軽にお電話お待ちしております電話