熊本 氷川町T様邸野立て太陽光に伴う電気工事


6月11日 晴れ太陽光発電日和晴れ

 

沖縄は連日の豪雨みたいで・・・現場は大変です。皆、頑張りましょうね~……シタタタッ ヘ(*¨)ノ

 

今日は何の日(^・ェ・)ジー…  「傘の日」雨

 

暦上の入梅、つまり梅雨入りです。湿気大国日本の、一年で一番ジメジメする季節ですね。

 

基本的に梅雨は一ヶ月から一ヵ月半程度で、梅雨が明けて本格的な夏が到来することを

 

出梅(しゅつばい)と言うそうですw(*゚o゚*)w 東北などではまれにオホーツク海の

 

高気圧により梅雨明前線が抜け切れずに、秋雨前線に進化する「梅雨明けしない」

 

年があるようですΣ(=∇=ノノヒィッッー!!

 

恵みの雨ですが梅雨明けはして欲しいですね(笑)雨

 

さて、熊本では野立ての太陽光を最終作業に取り掛かってました

 

最終チェックし、手直ししながら配線を綺麗に治めていきましたガッツポーズ

 

 

 

207枚のパネルです

 

 

分電盤からパワコンまでの配線を見た良く埋設工事ですガッツポーズ

 

  

 

社長により分電盤を仕上げていきますガッツポーズ

 

       

 

次は完成写真をアップしていきますひよこ

 

ご用命御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さいうさぎ

 

自然の太陽の力を大いに皆で活用しましょううさぎ

 

みんなで育てる 再生可能エネルギー 再生可能エネルギーの固定価格買取制度

晴れ太陽光発電システムの仕組み晴れ

太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を使って、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことをいいます。

太陽電池については、太陽電池式電卓などでもおなじみですが、それらと太陽光発電システムは一体なにが違うのでしょうか。

実は電気を作り出す仕組みはまったく同じです。

ただし、太陽光発電で生まれた電気を家庭で使うためには、さまざまな機器が必要になります。

太陽光発電システムの仕組みはシンプル

ご覧のように、太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器です(メーカーや製品によって若干違います)。

一見複雑に見えますが、構造としては単純です。

これで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになります。さらに、余った電力を売ったり、災害時(停電時)にも電気が使えます。

太陽を沢山浴びて、沢山発電しますように・・・電球おうち

 

 

㈱タキスタイル 
熊本本社:植原                               沖縄支店:又吉
電話0964-27-5720                               電話098-988-9953
メールuehara@takistyle.jp                                 メールmatayoshi@takistyle.jp
      お気軽にお電話お待ちしております電話